スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢!

「こんな程度の内容の卒論でも、単位を出さないといかんのか。う~~ん。」

苦々しい教授の顔。
徹夜明けの俺は、睡魔と闘いながら、教授の卒論最終チェックを受ける。
原稿用紙80枚。ただし、文献の参照が50枚。実質30枚の内容。
しかも、内容に深みがなく、薄っぺらな内容。
とてもじゃないが、卒論と呼ぶには恥ずかしい、シロモノだ。
4年間の総決算の論文としては、あまりにお粗末。
教授の眉間の縦皺が、一層深く刻まれる。

唯一アピールできるのは、第一次提出期限に間に合った。

ただ、それだけ。

「仕方がない。決まりは、決まり。優・良・可は別にして単位は出そう。」


「単位を出そう??、 単位がもらえる。  ヨッシャー!!」

心の中でガッツポーズをして、教授の部屋を出る。

(当時、私の所属していた学科では、卒論第一次提出期限までに提出した者は、
内容の良否は別にして、単位が出る事になっていた。
勿論、論文の形式で、最低80枚以上は書く、担当教授のOKがでれば、
という条件はありましたが。内容が薄い私は、とにかく第一次提出期限厳守を、
目標にがんばりました。)


・・・・・そういえば、1回生の前期なんか2単位しかとってないモンナ!!
     講義なんか、ほとんど出てないモンナ!!
     今年も、1回生と一緒に講義を受けたモンナ!!
     みんな、卒論がんばってる時に、俺は一般教養の講義を
     受けてたモンナ!!


急いで、一階の教務室に行って、卒業単位の確認をする。

「yamanoくん。ちょうどピッタリの単位数で卒業だ。オメデトウ。」

教務の先生から、そう言われた俺は、ペコリとお辞儀をして教務室を出た。

背水の陣で望んだ、4回生の1年間が終わった瞬間だった。
一つの講義も落とせない。  落とせば留年。
しかも、履修時間の都合で、予備の単位は取れない。
1回生の時から勉強しとけば、楽だったのに・・・・。

「部屋に帰って、チョッと寝よう。」

誰もいない廊下を歩きながら、一人つぶやく。
どんよりした雲の合間からの、やわらかな日の光が
出口へと歩む、俺の靴を照らした。

「終わったんだ。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は、どういうわけか、大学の卒論の夢を見た。

何でだろう?

あの頃は、良かったな。という回顧の念からなのか
ちゃんと計画を立てて、仕事をしろ。という暗示なのか。
ちょうど20年前の、今時期の話です。

よく遊び、よく遊び! の大学時代。
悔いはないし、今の俺の原点の一部はこの時代に形成されたと思う。

それにしても、あの内容で単位を出してくれた「渡辺先生」に 感謝。

昔ばなしにお付合いいただきまして、ありがとうございました。

  「大学時代、遊びまわっていた人は、ポチッと押してネ 感謝。」
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/02/02(金) 16:41:52|
  2. 日々感謝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<私の恥ずかしい写真!! | ホーム | 自慢!>>

コメント

そういえば・・・

ウチは卒論なかったなぁ
  1. 2007/02/02(金) 19:39:57 |
  2. URL |
  3. tsuboya #-
  4. [ 編集]

>tsuboyaさま
4回生の10月から、卒論に取り掛かりました。
早いヤツは、3回生になってすぐ、はじめたヤツもいました。

そんな、ヤッツケ仕事でやった卒論ですから
内容は推して知るべし。

まあよく、卒業できたもんだ。

先生、不出来な学生でゴメンナサイ!!
  1. 2007/02/02(金) 20:01:38 |
  2. URL |
  3. yamano #-
  4. [ 編集]

卒論の苦しみ

を知らずに卒業。
卒論が義務付けられていない学科を選んだのでした。
でも、今になって、原稿用紙何十枚もの文章を
一生のうち一度は書いておくべきだったと後悔しています。
  1. 2007/02/03(土) 14:48:40 |
  2. URL |
  3. MITSU #-
  4. [ 編集]

>MITSUさま

>一生のうち一度は書いておくべきだったと後悔しています。

今からでも、遅くないですよ。豊富な知識を生かして
小説なんぞ書いてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、結構書けるかもしれませんよ。

競馬と野球好きな、法曹界を目指していた男が、
休暇中にスキー場で拉致。
気がついた所は、ベトナムだった。

「どうして、俺がこんな目にあうんだ!!」

山形、東北各地とベトナムを結び、
サスペンス、歴史、戦争、野球、競馬、全てを網羅した超大作

っていうのは、どうでしょうか?
MITSUさんなら、200枚は書けますよ。
  1. 2007/02/03(土) 16:46:45 |
  2. URL |
  3. yamano #-
  4. [ 編集]

わたしは短大で卒論というよりは、長めのレポートを出しました。
^^;

いいですよね…学生時代。
なつかしく思いだしました。
そのときは、その時なりの悩みがあったのでしょうけど。

それにしても、国立大学!
すばらしぃっ、です。
水戸黄門の印籠をかざされた悪代官の気分です。*^^*
  1. 2007/02/03(土) 21:24:43 |
  2. URL |
  3. 副社長 #RbGeqkE.
  4. [ 編集]

yamanoさんの想像力

そして記憶力は、すごいです。
アッシのブログ記事のほとんどを網羅した表現にビックリです。
拉致といえば、蓮池薫さんは、
同じ大学で、同じ時期に学んでいたのでした。
その時拉致されたんです。
学生運動の末期で、学内には黒ヘルとか赤ヘルとか
派閥争いなんかもあって、不穏な空気も残っている時代でした。
学校に来なくなった奴もいて、内ゲバで粛清されたとかまことしやかに囁かれても、そういうことも有るかもと思えるような雰囲気がまだ残っていました。まさか、北朝鮮に拉致されていたとは・・・です。
  1. 2007/02/04(日) 09:14:54 |
  2. URL |
  3. MITSU #-
  4. [ 編集]

>MITSUさま

MITSUさまの、ブログと当ブログを何回も往復しながら
内容を確認しながらコメを書きました。
エッヘン!!

蓮池薫さんと、同じ時期に学んでいたと言う事は
もしかしてMITSUさんが、拉致されていたかも???

う~ん!!  コレこそ、小説の題材になるかも。

  1. 2007/02/04(日) 12:00:04 |
  2. URL |
  3. yamano #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamano4192.blog53.fc2.com/tb.php/189-a1cc961c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。