スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「広島カープ」について書きたい。

 私は、「広島カープ」が好きです。

koi.gif


小学校5年生の時が、カープ初優勝でした。
野球を始めたのが、3年生のころで、そのときは
父親の影響で、ジャイアンツをなんとなく贔屓にしていた
気がします。

4年生のとき、テレビでカープとジャイアンツの試合を
中継していました。その試合を見て私はカープファンに
なりました。理由はピッチャーでした。
その試合に登板していたのは、金城というアンダースローの
ピッチャーでした。そのピッチャーを見たときにカープ
心を奪われてしまいました。

流れるような美しいフォーム。
鳥が羽ばたくような、大きく力強いそのフォームから
繰り出される投球に、ジャイアンツ打線はなすすべもなく
凡打を繰り返す。
背番号27の若武者の一人舞台

確かその年、昭和49年は、ジャイアンツが10連覇を逃し
中日優勝。ロッテと日本シリーズだったと記憶しています。
私を虜にした金城投手は、20勝を挙げて最多勝に
輝いたと思います。

翌昭和50年、プロ野球初の外国人監督ルーツ監督の下、
「赤ヘル軍団」として快進撃。途中監督が古葉監督に
交代したが、中日との接戦を制して初優勝。
野手では、山本浩二、衣笠、三村、大下、シェーン、ホプキンス、
投手では、外木場、佐伯、池谷等が大活躍。

子供心にとてもうれしかったのを覚えています。

その後昭和50年代は、カープの全盛期。
先ほど挙げた選手以外に、
高橋慶彦、正田の小回りの利く選手や、北別府、山根、福士、
大野、炎のストッパー津田らの強力投手陣、
その後入団してくる、江藤、金本、前田、野村の野手陣。

忘れていけないのは、優勝請負人の江夏豊。

時代が前後しているかも知れませんが、カープに所属していた
選手は皆好きです。

青春時代とカープの全盛期がかぶっていた私にとっては、
カープの勝ち負けに、一喜一憂し、
数少ないカープファンの友人と語り明かしたことも幾度となくあり
まさに青春の一ページとして、今でも熱き思いがこみ上げてきます。

現在は、スポーツニュースや新聞で成績の確認をする程度で
あまり熱心なカープファンではないかもしれませんが、
以前とは異なった目でカープを見て、応援しています。
無名の選手を、入団後鍛え一人前の選手に育てていくやり方が、
会社の経営に通じる部分があると思うからです。

お金に任せて、有力選手を集めることは悪いこととは思いません。
資本主義の世界ですから、より優秀な選手を集め、強いチームを
創ることは正しいと思います。
じゃあ資本力のないところは、ダメなのかといえば必ずしも
そうではないと思います。
小さいところは、小さいところなりのやり方で強者に挑むことが
できると思います。
カープも若手の野手が、育ってきているので数年後が楽しみです。

ただし、黒田投手が残留してくれないと、投手陣はちょっと
厳しいかな。

一人でも多くのファンの方が球場で応援してあげることが
選手にとっても大きな励みになると思います。

今日は、「靴」に関係ないことを一気に書きました。
選手名の漢字や記憶が違っているかもしれませんが
ご容赦ください。

たまにはこんなことを書くのも、楽しいものですね。

ouen2.gif



「クリック お願いします。」
スポンサーサイト
  1. 2006/08/26(土) 19:23:04|
  2. 社長独白
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<カッコエエ、「山本寿徳」選手 | ホーム | EEE(3E)の呪縛>>

コメント

応援してやって下さい

 カープに、栗原 健太選手がいます。 
 山形県天童市出身 日大山形高校卒 松坂世代の一人です

 高校2年の時、夏の選手権に出場、1回戦で星稜に敗退
 3回戦まで行けば、松坂の横浜と対戦するブロックに
抽選されていました。
 甲子園で放った、たった1本のヒットが、ドラフトで広島への道を
開きました。
 例年、1軍半状態から今年は、ホームランも20本を超え、宮城出身
嶋選手とともにカープを支える選手に成りつつあります。
  1. 2006/08/28(月) 20:35:31 |
  2. URL |
  3. MITSU #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamano4192.blog53.fc2.com/tb.php/24-9f3592d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。